営業代行はアウトソーシングすべき?アウトソーシングのメリットと注意点


営業をアウトソーシングするメリット

営業は自社でやるべきという考え方が根強いですが、アウトソーシングする会社も増えてきました。営業代行業者にアウトソーシングするメリットは、全て業者に任せられることです。営業の方法を策定するところから始まり、実行して効果測定を行い、さらにその結果を踏まえて新しい営業方針を具体的に決定してくれます。営業に関して教育を十分に受けていて、経験も現場で積んでいるスタッフに業務を担当してもらえることから品質にも問題が生じることがありません。自社でやらなければならないのは営業のために必要な資料の提供や、営業によって達成したい目標の決定だけです。アウトソーシングすれば社内の営業部隊が実質的にいらなくなります。

営業をアウトソーシングする際の注意点

営業のアウトソーシングをすると高い品質の営業を継続的に任せられるのが魅力で、さらに社内の営業部隊を解体してしまえばコストも下げられるでしょう。しかし、アウトソーシングするのにはデメリットもあるので注意が必要です。アウトソーシングをしたときには原則として、どのような形で営業をするのかを具体的に指示することはできません。目的や目標を与えて、その遂行のために最も良い方法をアウトソーシング先に決めさせることになります。もちろん意見を言うことはできますが、その意見を取り入れずに営業を進めたとしても文句は言えません。細かい指定をしたい場合には契約書に盛り込んでおく必要があるので、契約前に十分に協議することが必須です。

営業代行には固定報酬型と成果報酬型があります。短期間で営業強化を狙うには、リスクの少ない成果報酬型がおススメです。