初めて展示会!押さえておきたいポイントとは?


まずはスケジュールを入念に決めておきましょう

展示会を行うには、事前にスケジュールを練っておかなければならないです。理由は展示会を開催するためには、いろいろとやることが多く、そしてどれも時間がかかるものばかりだからです。そこで前もってどのタイミングで何をするのかを決めておけば、混乱するのを防げます。

中でも展示会を行う会場の確保は重要で、可能なら一年か遅くとも半年前までには予約を入れておくのが無難です。駅に近い、あるいはたくさんの人数が入れるといったところは人気が高く、場合によっては常に予約で一杯になっているのです。そのため展示会が決定したら、一番最初に会場探しを行いましょう。その次にやるのは、ターゲットは誰かを決め、どのように告知するのかを話し合っておきます。加えて会場内の装飾を外注するなら会社選びや、お手伝いにアルバイトをお願いする場合は求人広告を出さなくていけません。

会場が完成したらやっておくこと

スケジュール通りに展示会場が完成したら、必ずその中をスタッフ全員で歩き回っておきましょう。実際に動いてみると、通りにくい場所や、人の流れが悪いところがわかってきます。そういう場所を見つけ、その都度直していくと、当日は人の流れがスムーズになります。また、意外と見逃してしまいがちなのが設備の状態についてです。数人で展示会を歩いている場合には問題がなくても、数百もの人が行き来すると、突然衝立が倒れてくるケースは少なくありません。来場者に怪我をさせないためにも、しっかりと床や壁に固定できているのかを入念にチェックおきたいです。

もし、イベント開催時に大がかりな施設が必要なら、展示会の施工ができて機材などの搬入や搬出までをしてくれる業者に相談してみましょう。